齋藤のとってもおしゃれブログ

へそまがりな洋服好きが全然おしゃれじゃない偏屈アイテムについて個人的な思い入れを語るブログです。

フラット42

僕は髪をセットするのが嫌いなのでほぼ毎日帽子をかぶっていて、4~50個ほど帽子を持っているのですが、最近はほとんどこれしか被っていません。

 

以前も当ブログで紹介した、newhattan(ニューハッタン)の6パネルキャップ。

 

 

 

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

 

 

いろんなブランドがこれをボディとしてオリジナル商品を作っていることからもわかるとおり、形はめちゃくちゃオーセンティック。

 

超安い。

 

洗濯機で洗える。

 

そして僕がこだわっている “海外ブランド” だということ。

日本代理店もできたようだけど、今のところは日本専用のアイテムを作ったりはしていない。どれもアメリカ本国と一緒。

もちろん並行輸入品もまだある。

 

それに、通販だけじゃなく街のいろんな店で手軽に買えるのもいい。

セレクトショップはもちろん、大手カジュアルショップや古着屋、さらにドン・キホーテにも置いてあるし、僕が見かけた限りでは大型ブックオフに新品が並んでいたり、なんとパシオス(しまむらみたいな量販店)で見つけたこともあります。

 

 

ところが最近、これを被るとちょっと気になることができて。

 

どうもおっさんくさいんですよ。

 

いや、もう謙遜も自虐もなく厳然たる事実として紛れもなく中年のおじさんなんですけど、この形がよりおっさんくささを増してしまう気がし始めていたんです。

 

よく比喩として使われる「競馬場にいるおっさん」。もうまさにそれで。ドンズバで。

 

とはいえNEW ERAみたいなベースボールキャップやメッシュキャップの類はコレに比べると万能アイテムではないので、またそれに戻るってのも厳しい。

「もう仕方ねえかな」と、特に対策を練るわけでもなく開き直って被っていたんですね。

 

そんな折、最寄りのセカストの帽子コーナーで、新品のこれを見つけたんです。

 

 

わかりますかね? これ。

 

ツバ(バイザー)がフラットなんです。

 

ちなみに従来の6パネルはこれ。

 

 

最初に見つけたときは、「へぇ、こんな形もあるんか」程度で購入しただけなのですが、いざ被ってみたら、これがまた収まり具合がすごいよくて。被り心地的にも、コーディネート的にも、どっちも。

 

てなわけで、結局これもんよ↓

お客さんが売ったやつじゃなく業者流れの品だったようで、在庫が複数個あったんですね。

後日再訪して、全部買い占めですわ。

 

 

で、前振りに戻って、どうも通常の6パネルを被るとおっさんぽくなってしまうという問題。

 

気にはなるけどあまり気にせずそのまま被り続けていたわけなんですけども、あるとき、フラットバイザーを被ってるときは、そのおっさんくささが軽減されているように感じたんです。

 

スケーターっぽいというか、ストリート感があるというか。

 

僕が大好きな日本のストリート系ブランド「CUP AND CONE」が展開しているキャップもやっぱりフラットだし。

store.cupandcone.jp

 

やっぱりフラットバイザーにはそういう要素があるんだと思います(← もはや何も言ってない)。

 

理由はわかんないんですよ。「これがこうだから」というのは、まだな~んにも解明していません。

でもそう見えるんだから仕方がない。

 

てなわけで、ツバの曲がったほうもまだまだ被れるのでもったいないっちゃもったいないんだけども、思い切って全部フラットバイザーに切り替えればいいんでないのかね? と、貯まった楽天ポイントを使ってまとめ買いしちゃいました。

 

 

ネイビー、バーガンディー、ベージュ。そして既に持っているチャコールグレー(4つ……)

 

自撮りをしたくないので被ったところは見せないのですけど、やっぱりこっちのほうが若々しく見える。もう間違いない。

 

もうこれからはこっちです。

実店舗で取り扱われているのを見たことがないので今のところは通販でしか買えないけど、楽天でこの値段ならそれで十分です。

 

hb.afl.rakuten.co.jp

なんと、たった1,000円(税・送料込)ですってよ、奥様。※2022年5月現在

 

しかもコール天もありましてよ。

hb.afl.rakuten.co.jp

それでも1,300円。※2022年5月現在

 

「子供っぽく見える」と「若々しく見える」は、似ているようでまったく違う。

若作りをしようとは全然思わないけども、老け込んでいたり小汚く見えたりするのはさすがに好ましくないですからね。

 

 

ツバがまっすぐなのって、やっぱり黒人文化が発祥だと思うんですね。NEW ERAのシールを剥がさないで被るやつ。

メジャーリーグでもフラットバイザーを選択することが可能になってますね(筒香が被ってるやつ)。NPBもそうかな?

 

でも昔は、ツバはわざと曲げてクセづけをして被ってたもんなんですけどね。

野球部も上級生になったらツバを曲げてもいいみたいなのあるらしいじゃないですか。

メッシュキャップなら、髭モジャの粗野なアメリカ人男性が適当に被ってる感じ。まあ、トランプ元大統領もそうか……

 

なんか、いざ自分が中年になってみたら、そういう感じでもなくなってきたなあと。服装にも合わないですしね。

 

そこで見つけた6パネルのフラットバイザー。今のところはこれが大正解。ひとつの終着点ですね。

さらに歳を取ってきたらどうなるかはまだわかりませんけど。

 

しばらく愛用しまーす。

 

 

※なお、amazonに出品されてるのはちとだけ高い