齋藤のとってもおしゃれブログ

へそまがりな洋服好きが全然おしゃれじゃない偏屈アイテムについて個人的な思い入れを語るブログです。

Under Pressure(Los Angeles Apparelのスウェット)

ずいぶんと人気ですね、ロスアパ。

 

losangelesapparel.jp

 

最近は大手セレクトショップでも扱われてるし、雑誌やメディアで見ることも増えました。アメリカのカットソー専業メーカーとしては、今一番支持されているかもしれません。

 

いろんなショップから別注アイテムも多数出ていますが、米国に拠点があって本国内で生産されているのが明らかなメーカーですので、普段は日本企画品やライセンスブランドを毛嫌いしている僕も、変に裏を勘ぐったりすることもなく好意的に見ています。

なんと言っても、American Apparelアメアパ)がルーツにあるメーカーですからね。振興ブランドとはいえ、そもそもが僕らアメカジおじちゃんの範疇なのです。

 

先日、スウェットを買ってみました。

f:id:saito_d:20220111104236j:plain

アッシュカラーの、フーディとクルーネック。もう僕はスウェットはグレーしか着ません。ネイビーもあったらあったで良いけど!

 

f:id:saito_d:20220111104405j:plain

14ozの生地は、噂に違わぬ分厚さと重厚さ。リバースウィーヴの現行品と比べてもその違いは明らか。

 

▼リバースウィーブの記事はこちら

 

 

f:id:saito_d:20220111104603j:plain

これを作ったのはディエゴさん。10年やってるベテランだって。職人のキャリアとして長いのか短いのかわからんけど……。

僕はこの製造者の顔と紹介文が記載されたタグがロスアパの一番の魅力だと思ってます。

 

▼それではここで広告です

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

 

 

 

 

んで、このロサンゼルス・アパレル自体はいま大変な人気なので、ブランドの説明やかっこよさは、僕がいちいちこのブログで書かなくとも他のサイトやショップを見ればわかると思います。以下、あくまで僕の感想。

 

~~~~~

 

僕が20代だった2000年代。あの頃はまだ体力がありました。

僕は子供の頃から運動嫌いなので筋力は下手したら今のほうがあるし、バイタリティにおいても今のほうが上かもしれない。でもそういう部分じゃなくて、もっと基礎的な体力。

 

洋服なんて、重くて硬いほうが良いと思ってました。

 

イギリス製・スコットランド製の重厚なセーターを着て、米軍M-65の実物を上に羽織る。馴染むまでは靴擦れ必至のブーツも履いたりして。

当時は着ている洋服の重みを肩にズシっと感じることによって、暖かさと共に安心感まで得られていたものです。

しかも時代的に、タイトなシルエットが全盛。身体に沿うようにバッツバツと、肌と生地が密着するように服を着るのが当たり前でしたし、それを「着心地がいい」と感じていました。思い込みではなく、実際に。

 

ところが今はどうでしょう。

 

いざ流行に合わせてビッグサイズを着てみたら、無駄な締め付けがなく、肌に生地が触れない解放感にすっかりやられてしまい、着心地の価値観が見事に反転してしまいました。加齢により肌に潤いが無くなって、生地との摩擦が起きやすくなったことも、おそらくは大きな要因でしょう。

 

そして、ローテクな上着が肩にのしかかる重さにも耐えられなくなってきました。肩こりはもちろん、生きていくうえで起きる様々な重圧……、仕事、子育て、住宅ローン、病気、介護…… あらゆるものを背負うおじさんたちには、重い上着によるプレッシャーにまで耐えうる体力は残っていません。

 

 

さて、ロスアパに話を戻して。

 

重いっす

んで、硬いっす

 

流行に乗って、サイズをXLにしたことも原因のひとつです。デカくて脇下がだいぶゴワつきます。袖まわりもだいぶ太めなので、上着もそれなりに大き目で軽いものにしないと、動きに結構な影響が出る。

 

さらに(前述とちょっと矛盾してしまうのですが、あくまで自分の好みとして)、リブの締め付けが弱い

f:id:saito_d:20220111112446j:plain

袖口の幅が広めなので、手首が人よりも細い僕にはフィット感がイマイチ。袖位置が安定せずにガバガバするので、中にシャツを着たりすることで調整する必要がある。

ま、逆に緩いのが好きな人もいますから、ここはあくまで個人の好みですね。

 

一方でリバースウィーブのほうは、リブが長くてギュッと締まる。最高。

f:id:saito_d:20220111113121j:plain

こっちは反対に、インナーにシャツを着たら、せっかく締まりの良いリブが伸びてしまいそうで心配になる(なのでインナーによって使い分ければいいかな)。

 

 

と、まあ。あくまで今の自分にとっては決して着心地がいいとは言えない。加えて、生地と作りに応じてオーバーサイズの具合にも限度ってものがあるんだなと気づかされました。やっぱり何でもかんでも流行に乗りすぎるのはよろしくない。

 

とはいえ別に、ロスアパを気に入ってないということでもありません。

 

本来は大好物だったはずの「ゴワつき」。きっと、このロスアパのゴワつきが気にならず着られる程度の体力くらいは、最低限維持すべきレベルなんだと思います。

ふわっと柔らかい洋服なんて軟弱者が着るものだと思ってたじゃないか、あの頃の自分は。

 

Pray tomorrow gets me higher.

Pressure on people, people on streets.

 

今では希少になった「MADE IN U.S.A.」の響きと優越感。

そして硬い生地をダボっと着たとき特有の、ラギッドなシルエットと安心感。

それらの魅力を考えれば、着づらさのデメリットも補って余りあるかなと思っています。

 

しかしまあ、この重さですよ。

ただでさえ重いのに、それが洗濯で濡れたらさらにすごい。マジですごい

太っといハンガーを用意して、外干しするなら2日くらいは日に当てたほうがいいです。

 

え? 柔軟剤? フワフワにしようという考えなど捨てろ! 甘ったれるんじゃないよ!

 

 


www.youtube.com

温新知故(Champion / Reverse Weave)~再掲~

※こちらは過去の投稿ですが、おかげさまでよく読まれているので再編集しての再アップとなります。

 

これまでいくつかスウェットに関するお話を書いてまして、おかげさまで当ブログの過去記事の中でも特に好評を得ています。

 

これは「徹底的に作り込んだ高級なスウェットより、形も生地も悪くて安っぽいやつのほうがアメリカっぽくてカッコイイよ」という内容の投稿。

 

こちらは「チャンピオンと言えばリバースウィーブだけど、リバースよりもエコ・フリースというペラいやつのほうが良いんじゃないの」という内容です。


とはいえ、決してリバースウィーブが嫌いなわけではありません。むしろ大好きです。

 

リバースウィーブ(REVERSE WEAVE)と言えば一般的にはもっぱら古着なわけですが、現在は過去にないほどの大ブームとなり価格が高騰中なので、ひねくれ者としてはちょっと引いてしまう。

 

ところで、リバースウィーブは古着だけではなく現行品もあるのに、何故か取り上げられることがほとんどない

 

たしかに古着は年代によってタグが違ったり、色もプリントの種類も豊富にあったりで楽しみ甲斐がある。それになんと言ってもあの独特の図太いアームホールと着込まれてヨレた雰囲気は、古着にしかない魅力。

 

でも待てよと。希少性や流行は別にして、ただ素直にあくまでスウェットシャツとしてフラットに見た場合は、現行品もすごく良いんですよ。

 

ただしここからは筆者個人のこだわり。

ヘインズ ジャパン社が販売する日本仕様ではなく、アメリカ本国のUS企画に限る。

日本のものは生地も縫製も“きれい過ぎ”たり、本国ではもう作られていないはずのMADE IN U.S.A.だったりして、逆に紛い物っぽく感じちゃうんですよ。


hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

 

日本人向けのサイジングなのも僕にはちょっと違う。日本人の身体に合わない海外モノを無理矢理イキがって着るからこそ、独特な雰囲気が出るわけ。そこはどうしても譲れないポイント。

 

 

こちらがそのUS企画の現行品。

f:id:saito_d:20210208144842j:plain

f:id:saito_d:20220111100818j:plain



 

現在はホンジュラス製がメイン。他にはエル・サルヴァドル製もあるはず(※ちなみに古着ではメキシコ製にも価値が付きはじめてますね……)。

 

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

 

 

 

まずはとにかく、この値段ですよ

 

クルーネックなら6,000円前後、フーディ(パーカ)でも7~8,000円くらい。それって古着で買うよりも断然安いじゃないですか(2021年2月現在)。

 

骨董として古物を楽しめる人は古着でも結構ですが、普通は新しいほうが良いに決まってます。誰かのお古よりも新品のほうが安いんなら、新品のほうがよくないですか?

 

もちろん、実際に着てみても良い物なんです。

 

古着と比較すると、腕まわりが少し細くなっているように感じます。古着のリバースはそのズドンとした太いアームが魅力ですけど、上着を着るときにはその太さが邪魔になりがちなので、むしろ細くなってるくらいでちょうどよかったりします。でも袖丈はかなり長めなので、クシュっとしたたるみは出ます。僕はそのあたりも好み。

 

身幅は昔と変わらずたっぷりあって、むしろ縮んでて当たり前の古着よりも太い気もする。一方で着丈はさほど長くないので、普通にめちゃくちゃ今っぽいシルエットなんですよ(これも2021年2月現在の感覚)。

 

そして生地。表も裏毛も柔らかくて、古着リバース特有のあのガサっとしたドライさが感じられないのは残念ではありますが、正直そこは人それぞれの好みだし、むしろふわっと柔らかめなほうが一般的には支持されるのではないかと。アメリカ風に乾燥機へ何度もぶち込めばどんどんガサついてくるんじゃないかしら。

 

何より、新品はリブが伸びていない

 

いや、古着のリバースはリブが伸びてるほうが好きな人もいるし、裾なんかはストンと落ちるようにわざとぐいっと伸ばしたりするものです。それはわかってます。でも袖口だけは! 袖口だけはピチっとしてないとダメなんですよ僕! 他の人は知りませんけど。

 

要するに、「アメリカ製じゃない」「シルエットが昔のとは違う」というだけで、冷静にモノとして見てみると、別に古着に劣るものではないんじゃないかと。

 

 

一方、古着のリバース。

f:id:saito_d:20210208144822j:plain

f:id:saito_d:20210208144832j:plain

ほとんど売っちゃって、手元に残ってるのは2着くらいになっちゃいました。

このワンポイント(通称:目付き)なんて、昔はカレッジプリントよりも人気が無くて、1,900~3,900円が相場だったんですけどね。以前はタタキタグや単色タグばかりが重宝がられてこの刺繍タグはどレギュラー扱いだったので、まったく評価されてなかったのに。

 

なお個人的には、古ければ古いほど値段が上がるヴィンテージ市場の価値観とはまったく逆で、リバースに関しては新しければ新しいほど高く評価しています。

80'sのプリントタグ/トリコタグは全体的にヘロヘロのものが多い印象で、それに比べて90'sの刺繍タグのほうが生地も厚く、ピシっと締まっているものが多い(年代が浅いので着用度合いが違うのも当然あります)。

 

そして誰にも評価されてませんが、以前持っていた近年モノは、90'sよりもさらに着心地が良かったんです。

f:id:saito_d:20210208154614j:plain

https://www.2ndstreet.jp/goods/detail/goodsId/2320690626143/shopsId/30740

 

そもそも古着のリバースって縫製は甘いし、リブは伸びやすいし、部活やスポーツクラブで実際に着られてたからダメージが目立ったりして、基本的に状態の悪いものが多いんですよ。

それが良いと言われたら「ええ、そうですよね、それもわかります」ってな感じですけど、僕はどちらかと言えばきれいなほうが良いです、はい。

 

 

てなわけで、古着リバースウィーブがかつてないほど枯渇化と価格高騰している中、ひねくれ男といたしましては、US企画現行品を愛好していこうと強く思っているところでございます。

 

……いや、古着のリバースだって大好きですけどね。

こんなに人気じゃなければね。さすがにあまりにも高くてね。

 

早く流行りが過ぎ去って、若者たちが手放してくれないかなぁ……。

 

 

珍番さんいらっしゃい!(510-0217)

2022年、一発目の投稿です。どうぞ今年もよろしくです。

 

自分が持っているLevi'sで、501・505・517以外の珍しい品番を紹介する記事の2つめ。と言っても4~5本しかありませんけどね。

 

前回は「509」でしたが、

 

今回はそのひとつ後となる「510」です。

 

f:id:saito_d:20220108092608j:plain

510-0217 MADE IN U.S.A.

 

読んでもらう前にあらかじめ言っておきますと、今回、内容は薄いです。決して勉強にはなりません。

そもそも当ブログの目的はあくまで自分語り(とアフィリエイト楽天ポイント)でして、啓蒙とか研究とかそういうのを本筋として目指してはいませんのでね(誰も興味を持たないアイテムを突き詰めたりはするので、結果的にそうなることはあるかと思いますが)。

 

さて、前回紹介した「509」の特徴は、緩やかにテーパードしたストレート・フィットでジップフライ、股上が深めの美脚シルエットでした。

 

では今回の「510」は? というと……

 

緩やかにテーパードしたストレート・フィットでジップフライ、股上が深めの美脚シルエットです。

 

f:id:saito_d:20220108093552j:plain

 

f:id:saito_d:20220108093621j:plain

 

はい。

 

では定番中の定番「505」はどういうモデルかと言いますと、ご存知のとおり。

緩やかにテーパードしたストレート・フィットでジップフライ、股上が深めの美脚シルエットですね。

 

 

いやね、僕もそれなりにたくさんのリーバイスを穿いてきましたけど、違いなんてさっぱりわかんねっすよ。

 

ま、実際に穿いてみて、よくよく見比べれば違いはなんとなくわかります。

 

実はこの510、裾上げをしていない状態なら505や509よりもテーパードが強めなモデルです。今では言わなくなった昔の言葉で「スリムジーンズ」ってやつですね。でもそれぞれ個体ごとに見れば状態やサイズも違うし、僕の持っているもののように裾上げがされてれば本来のシルエットもわからなかったりする。

505なんて時代時代で形も違うので、もはや「本当にテーパードなの?」という個体もあったりする(特に現行品に至っては501よりも太くて、テーパードなんて一切感じられませんからね)。

 

そもそも、前回の記事でも書きましたが、同品番でも時代や国・地域によってまったく形が違うこともよくあります。この「510」品番もまさにそれで、現行品ではタイトなスキニージーンズになっちゃってるんですよ。

www.levi.jp

 

なんのこっちゃですわ。

 

正直言って、穿いたらさらにわかりません。もしも人が穿いているのを見て見分けられる人がいたとしたら超人ですよ。人智を超えた能力を持っていなければ判断することは困難ではないかと思われます。

というか下手したら、遠目から見たら501と505の違いもわかんなかったりしますからね。いや、マニアになればなんとなくはわかってきますよ? でも9割以上の人はわからないと思います。

 

では一応この個体をちゃんと見てみましょう、と。

f:id:saito_d:20220108094848j:plain

ほぼ消えかけてますが1994年製ですかね。もう30年弱前です。

ちなみに「0217」ってのは防縮加工のインディゴカラーってことらしいですよ。僕は説明するのが面倒なので、気になる人はGoogleというサイトがあるので調べてみてくださいね。

 

f:id:saito_d:20220108095521j:plain

チャックで開け閉め。

 

f:id:saito_d:20220108095559j:plain

ボタン裏(工場番号)は525。テキサス州エル・パソ工場なんですって。

 

shibaken.work

 

 

はい、細かいところを見ました。おしまい。

 

なんて、つれないことばかり書いてしまいましたが、

実はこの「510」、いま僕の一番のお気に入りなんです

 

「510が良い」というわけではなく、あくまでこの個体が自分にピッタリなんだと思います。なんせ古着だし、もともと裾上げされてる状態でしたから。

でもとにかくサイズバランスが抜群で、一番しっくりくる腰の位置で穿いたときに裾丈もちょうどいいところで収まる。鏡で見ても見事に体型に合っていて、誂えたみたいにジャストサイズ。そこまで身体に合っていると、当然のごとくノンストレス。

どこからどう見てもただのジーパンなんですけど、あまりにも着心地が良いので、今のところ一張羅になっています。

 

しかも色がしっかり残っていて濃い状態なのも今の気分に合っている。基本的には昔からアイスブルーの状態が好きで、それは今もまったく変わっていないのですが、「今日は濃いやつでいきたいな」というときには持ち駒が少ないので自動的にコイツの出番となる。

まだ生地の厚みと毛羽立ちもありヒゲが出てきている兆候も見られるので、良い色落ちも期待できます。良い一本に出会えたな~。

 

とにかく、“この一本”の話はできても、まだ“510”の話はできない。それくらい他のスリム/テーパード系品番と似ているし、目立つ特徴も見出せない……というお話でした。

 

でも、僕はマニアですから、決定的な違いがあるわけです。

形の違いはわからないけど、505でも509でもなく、「510」と書いてある

全然違う。買う理由としては十分です。番号が違うんだもん。それは確実にわかる。数字はちゃんと小学校で習って覚えましたから。

 

さて、果たして僕は510がお気に入りなのか? それともたまたまこの一本が合っただけなのか? それは、他にも510を数本集めて比較検討ができたらわかってくると思います。

それは一体、いつになるんでしょうかね……。

 

 

それではみんなも古着で探したり、以下のアフィリエイトリンクから買って齋藤にお小遣いを与えてみよう! 尻尾を振って喜ぶよ♪

 

 

▼これはテーパード具合がよくわかりますね

hb.afl.rakuten.co.jp

でもたまに、505でもこれくらいのスリムがあったりする。

 

▼違いがわかんね

hb.afl.rakuten.co.jp

 

▼違いがわかんね

hb.afl.rakuten.co.jp

 

▼ちょっとわかる

hb.afl.rakuten.co.jp

 

▼でっかいサイズになるともうさっぱりわかんね

hb.afl.rakuten.co.jp