齋藤のとってもおしゃれブログ

へそまがりな洋服好きが全然おしゃれじゃない偏屈アイテムについて個人的な思い入れを語るブログです。

そこにスタイルはあるのか

自分の着る服が固定され始めてきて何年経っただろうか。

好みのメーカーやサイズ感など、こまかいところは常々変わっている。でも基本的には同じようなものばかり。

 

相も変わらず、今年の夏も無地Tを着ます。

 

 

▼過去記事一覧

 

毎シーズン買い替えたりサイズを変えたり新しいメーカーを試したりはするものの、Tシャツはいつも無地ばかり。

古着のTシャツもちょいちょい買うんだけど、買うだけ買って、調べて眺めて、たまーに着て、最終的にはメルカリで売っちゃう。

 

てなわけで、今年のマイナーチェンジはどんなもんかと言いますと。

 

ネイビー中心です。

 

 

今年は白よりも断然ネイビーが気分。

とはいえ前掲の記事にもあるとおり、もともとネイビーもいっぱい持っていて、白と並行して着てるんですけども、言うなれば「今回は桜井じゃなくて高見沢が歌う曲をシングルにしてみよう」みたいな感じ。

もしもピンクが主体になったら坂崎がヴォーカルということです。

 

メインとなるブランドはALSTYLE(アルスタイル)。

もちろんPRO CLUBやロスアパあたりのヘヴィ・ウェイトも好きなのでレパートリーには持っていたいんだけど、下着のように数をたくさん買う場合にはアルスタイルが一番安いもんでね。

※あと一応追記しておくと、HanesのBeefyは色がちょっと明るすぎて。それはそれで良いんだけども。

 

 

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

 

 

サイズは、

いつものXLと……

 

今回は2XLも試し買い。

 

着てみたら余裕でイケました。

 

「タイトでなければおしゃれではない」とばかりにタイト一辺倒で育ってきた我々世代。

最初は恐る恐るとLサイズを着てみることから始め、XLなんていくらなんでも大きすぎると感じていたのに、慣れてくるとそれでも物足りなくなってくる。

そして、大きくすればするほど楽ちんで着心地がいいことに気付く。このビッグサイズのブームはマジで終わらないでもらいたい。

 

このアルスタイル(AAA)って、無地Tシャツのブランドとしては第3の勢力……、いや、それよりずっと下の立ち位置なイメージがあります。でもちょっとマニアックでヒネったストリート系ブランドは昔からここのをボディに使ってることが多かったんですよね。

しかも生地が厚めで硬くてザラっとドライで、古きよきアメリカものを感じさせる雰囲気が残っていた……

 

「残っていた」。過去形です。

 

今はGILDAN傘下なのですが、それ以降なのでしょうか。どんどんどんどん生地が薄くなってきましてね。加えてネックも緩くなって伸びやすくなってきたし。タグが違うだけでGILDANと変わんねえじゃんみたいな感じなんですよ、正直。

 

ところが。

不思議なもので、このネイビーだけは明らかに昔の硬さとドライ感が残ってるんですよ。厚さも白に比べて確実にある。そして、ネックもビンビンです。ネイビーって染料が違うんですかね。

 

何度か洗濯をして、白のクタりと明らかに違うその質感に気付き、ネイビーはALSTYLEをメインにすればいいんじゃないの? という答えを得たわけ。

と言っても今後また品質が変わっていく可能性があるので、あくまでも現状なんですけども。

 

そして、ネイビーって色褪せしたり日焼けしてもカッコイイんですよ。今のものは昔のものみたいに「ナス紺」にはならないんですけど、現行品もまた別の味わいがある。

 

ま、あくまで主観的な話ですけどもね。

 

ただ、また他にこれも謎な話で、商品情報にオンス(oz)って明記されてるわけじゃないですか。

表記は今も昔と変わってないはずなのに、実際はどんどん薄くなっている。

実はアルスタイルだけじゃなくて他のメーカーも一緒で。HanesのBeefyもChampionも、Goodwearだってそう(値段は20年前の倍以上になってるくせに)。PRO CLUB だけはあんまり薄くなった印象はないけど。

 

これって問題になってもいい気がするけど、まぁなんせアメリカですからね……

そんなこと、誰も気にしていないのかもしれない。

 

ま、いずれにせよ文句を言いながらも、僕はリアルなアメリカ物にこだわって買い物をしていますので、アメリカ様が「こうだ」と言うのならば、それに従うしかありません。

 

『それならGILDANでもいいじゃないか』って?

ええ、そうですね。

 

そうなんですけど、GILDAN と ANVIL ってドン・キホーテで買えちゃうじゃないですか。それはそれで便利でいいんだけど、たかだか1,000円弱とはいえ、買ったときのうれしさはドンキじゃないほうが大きいわけで。

もしも今後ALSTYLEがドンキで買えるようになっちゃったら、どれを選ぶようになるか。それはわかりません。

 

部屋着限定のパジャマとしてならGILDANでいいかもしれないな。

ALSTYLEと品質は変わんないんで、ほんと、ただの気の持ち様なんですけどね。

 

それでは。

ズレてる方がいい

先日、かなり久しぶりにスニーカーの衝動買いをしました。

 

adidasの名品、「L.A. TRAINER」のオリジナル仕様の復刻モデル。

 

 

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

 

 

個人的にadidasの中で一番好きで、思い入れも深いモデルがコレ。

 

ただし、何をどうしてLA TRAINERを好きになったのかの理由が、自分でもハッキリとしない。

 

覚えているきっかけのひとつは、若い頃に住んでいた千葉市にあった「LUMIERE(リュミエール)」というセレクトショップで、アッパーがオールレザーの白×白が売られていたこと。

 

LUMIEREは残念ながらだいぶ前にクローズしてしまったものの、僕の洋服知識と好みの礎を作ったと言っても過言ではないお店。用もないのに週イチで通い詰めて店員と話し、いろんな洋服を眺めていました。お金が無くてたまにしか買えなかったけども。

 

そこに売られていたオールホワイトのLA TRAINERのまぶしかったこと。

他にはNIKEのコルテッツやエア フォース1の白×白も同時に並べられていて「B-BOYじゃなくてもこのテのスニーカーを使ってもよかったんだ!?」と痛く感心したものです。

 

そこで白×白は買えませんでしたが、後に、白×ネイビーのオールレザーを他の靴屋でお安く発見して購入(今思うとその靴屋もすごい店だったんだけど、それはまた別のお話)。ソールが黄変してきて嫌になるまで長らく愛用していました。

 

でも好きになったきっかけはそのお店だけではなく、当時おそらく、LA TRAINERは世界中で軽く流行ってたはずなんですよ。ところが、どこでどのような形で流行っていたのかが、今どうしても思い出せない。

 

下記の記事によるとピッティ・ウォモを中心にクラシコ~チョイ悪の界隈で流行っていた形跡があり、当時は雑誌『LEON』や『Geiner』あたりにも目を通すだけ通していたので、影響を受けていたのかもしれない。

リヴィエラのズックと、スニーカーコンプレックス。 by 山下 英介 | REVIEW | 愛憎のスニーカーコンプレックス | Amvai(アンバイ)

 

 

いずれにせよ僕がアディダスの中で一番カッコイイと思っていることは、今になっても変わらず。

今回、偶然にも発売日の数日後にこのオリジナル復刻の存在を知り、予算も置き場所も確保できていないのに、「エイヤッ! なるようになれ!」とその場の勢いで購入してしまいました。

 

adidasのスニーカーを買ったの、15年ぶりくらいかもしれないな……。

 

シュッと細いラストは今回も変わらず。スウェードの質感も悪くない。

 

ポイントはなんと言ってもヒールに入った3色のピン。

書きながら思い出したけど、廉価モデルやこの仕様を取り入れた派生モデルが量販店で売られて、やたらと目にしていた時期もありましたね。嫌だったな。

 

小石が詰まりやすいスパイク状のソール。履いてるうちにこのブツブツがちょっとずつ取れる。

 

 

adidasは今後、本革を徐々に廃止していくと明言。合皮の靴はさすがに履く気が起きないので、この先いつまでこういったモデルが展開されるのやら。

僕がかつて履いていたオールレザーが万が一発売されるようなことがあったら是非とも欲しいんだけど(もちろん白ベース希望で)、もう無理かもしれない。

 

なおUKのサイトを見てみると、グレーも発売されている模様。何それ欲しいんですけど。

 

 

さて、あまりの思い入れの深さに見つけたその場で買ってしまいましたが、実は僕、無類の靴好きではあるものの、最新のスニーカー事情には詳しくない。詳しくないどころか、むしろ疎い。

 

プレミアの付く人気のレアモデルや限定モデル、ハイプなスニーカーが昔から得意ではなく、人と違うことや誰も知らないことにプライオリティを置いて靴選びをするのがずっと好きなんです。これは10代の頃から今も変わらない。

 

すでに誰でも知っているようなモノには興味がないうえ、人気モデルのために行列したりあの手この手を使って手配したりしなければならないのが面倒でならない。

もちろん人気モデルの中にも好きなものはあるんですけど、そういう手間を考えるだけで買いたくなくなる。

それに僕の物選びは全般的に「簡単に買えること」に加えて、「いつでも買い替えが利くこと」も重要なポイント。なので今回、定番アイテムではないLA TRAINERを買ったのはレアケースだとすら言えます。

 

最新のスニーカー事情に詳しくないからこそ、このLA TRAINERの復刻に関して。

 

わからなかったんです。

 

果たしてこれはすぐ売り切れてしまうのか、それとも売れ残るのか……。まったくもって読めなかった。

 

今、adidasが不人気であることは知っています。atmosの社長も常々言ってますしね。とは言え、一応かつては人気だったモデルのオリジナル復刻。僕の知らないどこかでは話題になっているかもしれない。

そして、これだけ好きなモデル。もしもマイサイズを買い逃したとなったらあまりにも悔しすぎる。後悔するくらいならば定価でもいいから買ってしまえと思い切ったのです。

(ちょうどadidas公式楽天ショップのキャンペーン中でポイントが20倍アップだったので、実質3,000円引きだったんですけど)

 

 

ですが、このブログを書いている今現在。

 

 

まったくの無風。

 

 

在庫はほとんど残っているし、TwitterInstagram で検索してみても、話題にしている人はほぼゼロ。

完全に僕ひとりでワイのワイのと盛り上がっていたようです。そんな。ひどい。

 

わかってます。僕が興味を持つという時点で、おそらく世間とはちょっと感覚がズレているのでしょう。もはや自らすすんでそういう価値観でやってきたわけですし。

 

でもこれ、ひょっとしたら、最終的には70%OFFとかで買えたパターンじゃねえの……? という一抹の不安が。

 

いや、いいんです。もしもそうなったらですよ。僕のお得意のパターンじゃないですか。

 

 

そうですね。ストックですね。

 

 

値下げ、お待ちしております!

 

hb.afl.rakuten.co.jp

 


www.youtube.com

※個人の感想です(Euro Levi's 501)

もともとはこのブログ、自分の好きなモノを短文でサクっと書くつもりで始めたんですよ。

 

 

モノの詳細やデータは他所で調べてもらうとして、個人的な思い入れやちょっとしたエピソードだけを添えるような感じで。

ところが、これはもう性分でしょうね。結局はツラツラと、ココがどーだのあーだのとこまごま書いてしまう。文量もどんどんどんどん増えてしまう。

 

気を付けるべきなのか、諦めるべきなのか……。

 

なので今回はサックリといきます。

 

 

その当ブログで断トツのアクセス数を誇るのが、Levi's 501関連の記事。

ヴィンテージ501について書かれたコンテンツはよくあれど、僕が愛用するレギュラー古着や現行品に関する記事はあんまりないですからね。

 

 

そんな中、微妙にまだ取り上げてなかったのが、所謂 “ユーロ 501”。

 

 

ユーロ本社があるベルギーをはじめ、イギリス、フランス、スペイン、イタリアといったオシャレー先進国で作られたものはやはり人気。ハンガリールーマニアポーランド、トルコといった東欧製になるとちょっと落ちて、チュニジアあたりは残酷ながら見向きもされないといった印象。

 

とはいえ、十分に研究がされているとはまだまだ言えないユーロ・リーバイス

ヴィンテージのXXのようにゴリゴリなヒゲ落ちしたポーランド製を見つけたこともあるし、もし国ごとに違いがあるならば逆に途上国製のほうがカッコイイなんていう可能性も大アリなので、そのような偏見は捨てたいところ。

 

 

こちらはUK製の一本。

1997年製造。

 

 

ユーロ 501の特徴。

 

まずは、アメリカ物よりも細身のシルエット。

ヨーロッパも日本と同様に、ジーンズはハナからファッション・アイテムとして流通しているはずなので、そうなるのは当然かなと。

 

で、色落ちが良い。

アメリカでは1970年代後半~80年代初めにかけて501の品質が大きく変わり、それまでのヴィンテージデニムの風合いが薄れ、メリハリの少ない、均一な色落ちをする生地になりました。
一方ヨーロッパでは、80年代以降の製品でもヴィンテージに近い色落ちのものが多く見つかり、中にはヴィンテージ品ほどとはいかなくても、はっきりとした縦落ちをしているものまで出てきます。
これはアメリカで使われなくなった染料をヨーロッパでは継続して使用出来ていたためと言われています。

※引用元:EURO LEVI'S(ユーロ リーバイス)501 【38inch】 - 5minutes(ファイブミニッツ) 通販サイト

 

 

そして……

 

レングスが長い。

 

ヨーロッパ人、脚長えの。超長い。

オリジナルレングスのまま、裾上げやロールアップをせずに穿ける個体はかなり少ない。

 

僕のUK製も、思い切ってアタリは捨てて裾上げしました。

 

アメリカ製ならば裾のアタリを残したまま、ロールアップして穿いていたと思います。

 

でも、ユーロに関してはアタリが無いほうがスッキリと上品で、長さもノークッション~くるぶし丈くらいの短めなほうがヨーロッパっぽい小粋さが出る気がする。

と言いつつ結局、シングルステッチじゃなくアタリの出やすいチェーンステッチにしてしまった往生際の悪さ……。

 

前述のとおり、ユーロ Levi'sは色落ちが良いとされています。ですが当然ながら作業着として穿かれているわけじゃないので、コントラストの強い鬼ヒゲの個体はあまり見当たらない(その代わり、僕の好きな “薄らヒゲ” が多いのは好都合)。

 

でも縦落ちしたジーパンなんて全然ヨーロッパっぽくないし、むしろユーロ古着にそんなラギッドさを求めるのはそもそも筋違いな気もする。

さらに、ジーパンなんて何も気にせずラフに穿くべきものだと思ってるけど、ユーロ 501はシルエットやサイズ感、合わせる服を考えながらちゃんとコーディネートして着たほうが活きる気がする。

ただし、あまりゴテゴテさせずシャツ一枚でサラっとね。

 

 

ヒゲが出やすいのにヒゲが出てるのはヨーロッパっぽくない。

ジーパンは適当なズボンなのに適当に穿けない……。

 

自分の中で、そんないろいろなジレンマを抱えているのが、ユーロ 501。

 

もちろん、まわりの他の人から見たらそんなのは微塵もわからないわけで。「自己満足ここに極まれり」といった感じ。

ひとつ持ったら他の生産国もコンプリートしたくなってくるし。見ない振りをしてあんまり手を出さないほうがいいかなとも思ったりしてます。

 

裾上げ代もかかるしね。

 

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp